タマゴサミン 膝痛 アイハ

★関節まわりの弱体化


 年齢とともに増す毎日のツライ悩みは膝の痛み・腰痛・肘の痛みなどですね。
 立ち上がる時や階段等を昇り降りした瞬間、腰を曲げる時など、関節を曲げ伸ばしする場合に痛みを感じることはありませんか。関節にに痛みが発生する原因としては、長年にわたるスポーツ習慣などで関節に負担をかけてきたことや、ケガが元になるもの、リウマチや痛風といった病気が原因のものなどといったところですが、加齢や肥満が原因の「関節痛」が多く見られます。症状については、ジンジン、ズキズキといった重く鈍い痛みで、しびれ感や痺れ感を伴うことも見受けられます。

 「関節痛」の中でも、特によく見かけるのが膝の痛みだと思います。膝関節は、立つ、座る、歩く、走るなど、体重を支えながら毎日の生活を送るために最も酷使されていると思われます。その上、加齢や慢性的な運動不足による筋力の衰退、膝の酷使や肥満などによる疲労物質の蓄積、血行不良による新陳代謝の下降などが膝関節の痛みが発症する原因に想定されています。

 それによって、膝への負担増で関節軟骨が磨耗してしまうことが発生します。その膝関節の痛みの多くは「変形性膝関節症」です。「変形性膝関節症」は、関節の間にある軟骨が磨り減ってしまうために骨などが摩擦をもたらして腫れ上がったり、水がたまったりする症状にあたります。骨の摩擦などすることで骨に棘といった風な突起(骨棘=こっきょく)ができて関節が変形していくことから名付けてられています。関節軟骨は、骨と骨の間でクッションと一緒の役目を果たし、関節の衝撃を緩和させて動きを滑らかにしているはずですが、長年にわたる膝への極度の負担によって、この関節軟骨が傷つき、すり減ることで痛みが生じています。




★その原因は膝全体の弱体化


 いったんすり減った軟骨の再生は不可能なのでしょうか。
 体は常に新陳代謝を繰り返し、新しく組織を作り出しています。しかし、加齢によって、その新陳代謝の力が弱まり、新しい組織を生み出す力が足りなくなってしまったのです。

たとえば、クッションを作るために必要な材料成分だけが揃っていても、肝心の工場が弱体化していては意味がなかったというわけです。クッション成分が年齢とともに減少する原因は、この工場の弱体化に大きく関わっているのです。

★iHAはヒアルロン酸減少の、根本原因に働きかける注目の物質


 iHA(アイハ)とは「バイオカプセル」と呼ばれることもある鶏卵の、「わずか21日間温めるだけでヒヨコが生まれる」という生命の神秘の力にスポットライトを当て、卵黄のタンパク質を分解処理することによって作られた栄養成分です。つまり、もともとは卵の黄身です。そして卵の中に約1−2%しか含まれていない、とても希少価値の高い成分というわけです。

 私たちの体に必要なヒアルロン酸は体内で創られ、それが活動により分解されるというしくみを継続しています。しかし、年齢を重ねるにつれ代謝活動の衰えにともない、ヒアルロン酸を生成する細胞の量が減少し、ヒアルロン酸の生成力が低下していきます。このように、ヒアルロン酸は年齢とともに減少します。そんなとき、iHAを積極的に摂り込むことによって、ヒアルロン酸の生産量も増加することが期待できるというわけです。

 ヒアルロン酸が増加することを通じて、そのヒアルロン酸のもつ保水能力も充分に発揮されるようになると思われます。そんなわけで、軟骨の中に今まで以上に水分をたっぷりと含ませておくことができるようになると思われます。その結果、軟骨のクッション性がとりわけ改善されるので、膝などの関節部分の動きが滑らかになり、さらには関節痛の予防も期待できるのです。人体の関節所は軟骨により保護されています。

 軟骨があることによって、骨同士がぶつかり合ったり、衝撃を直接に受けたりしないように守られているわけです。しかし、この軟骨の細胞は、非常に増殖しにくいという性質があります。そこで、iHAを積極的に摂取することにより、軟骨細胞が増殖する速度を速くすることが可能となります。そういう風にして軟骨がどんどん増加していくので、結果として、関節のサポート機能も向上することになります

★iHAが軟骨細胞を増やす


「iHA」が、体内でヒアルロン酸を生み出している「軟骨細胞」「線維芽細胞」という2つの細胞を増すことがわかっています。ヒアルロン酸を生み出す細胞を増殖することにより、体内でのヒアルロン酸生成量を増やすことができるという訳です。

iHAの添加量が多いほど、 軟骨細胞の増加量が高まります。軟骨細胞は、増加しにくい細胞として知られています。iHAの添加量が多いほど、 軟骨細胞の増加量が増えます。
 このように、「iHA」は、軟骨細胞を増やすことで、ヒアルロン酸の生成量を増大させることが、わかっています。

★iHAを取り込めるサプリ、タマゴサミン


「タマゴサミン」は関節痛の緩和やいつになろうとも元気に歩ける体作りをお手伝いするために作られたサプリメントです。タマゴサミンには関節痛対策のサプリメントに見られる事が多いU型コラーゲンやコンドロイチン・グルコサミンなどにとどまらず、関節のクッション成分であるヒアルロン酸をサポートするiHAが配合されています。

 iHAはバイオ技術によって卵黄から取り出されたもので、体内のクッション成分を生み出す力をサポートする働きがあるので、ただ関節痛を穏やかにするコンドロイチンやグルコサミンなどを補給するだけの従来のサプリメントとは異なる働きが期待できることになります。またタマゴサミンには関節の軟骨を作るのに必要な栄養素がたくさん使われているので、これからまだまだ元気に動きたい人には適したサプリメントだと言ってもよいでしょう。

 クチコミでは「体が軽くなった」、「飲み始めてから3か月ほどで立ったり座ったりが楽になった」、「階段をのぼるのが楽になった」といった声がありますから、タマゴサミンは元気に歩いて色々なところに出かけたいという人なら特にチャレンジしてみる価値があるサプリメントです。

 

サイトマップ